小学校入学前に!秋の沖縄旅行はのんびりと温水プール付きのブセナテラスで②ホテル編

子ぐまママです。

先日結婚10周年を迎えたので、来年は娘も小学生になるし、平日旅行は最後かなぁなんて思いながら、旦那と五歳の娘と三人で沖縄旅行に行ってきました。

前回の「小学校入学前に!秋の沖縄旅行はのんびりと温水プール付きのブセナテラスで①那覇編」の続き、宿泊したブセナテラスのご紹介です。

那覇からホテルまでの過ごし方はコチラ>>

>>楽天トラベル

>>ザ・ブセナテラス

スポンサーリンク

雨でも安心!温水プール付きのブセナテラスに宿泊

国際通りのステーキ88でお腹もいっぱいになり、レンタカーで移動して、今回の宿泊ホテルであるブセナテラスへチェックインです。

ブセナテラスのフロント前にあるソファーコーナーです。

チェックイン待ちの間、温かいシークワーサージュースのウェルカムドリンクでおもてなしです。

ゆったりとしたソファーで海を眺めていると、待たされていることも気になりません。

まもなく部屋に案内されました。

ブセナテラスのお部屋はデラックスナチュラルガーデンビュー

ブセナテラスのお部屋は、デラックスナチュラルガーデンビューとなっていますが、ツインルームです。
※5歳の娘は添い寝です。

撮影する前に娘がベッドに飛び乗ったため、シーツにシワがついてしまいました。

さて、ガーデンビューとなっていたので、外を眺めてみると・・・

庭ではなく駐車場が見えています。左下の方、わかります?これは駐車場ビューですね。

部屋には大人用のパジャマが2着ありました。

子供用のパジャマは無かったので、フロントに持ってきてもらうようにお願いしました。

添い寝で予約すると、子供用のグッズが無いことが多いのですが、フロントにお願いすると大概持ってきてもらえますよ!

こちらは、プール用のガウンらしくて、ホテル内を水着で移動する際は必ずこれを羽織ってくださいとのことでした。

ガウンには子供用は無いとのことだったので、子供はどうすればいいかを確認すると、Tシャツやラッシュガードを羽織ってもらえば大丈夫ですよとのことでした。

尚、大人もラッシュガードを羽織っていれば、ホテル内で注意されることはありませんでした。

プールやビーチに荷物を持っていく為のビーチバッグも、部屋に用意されていました。

バスルームにはバスタブがありました。窓を開けるとベッドルームです。

お風呂に入りながらでも、子供がいたずらしていないか様子が見られますね。

そしてバスルームにはシャワーブースもありましたよ。

海水浴のあとなど、シャワーだけをまず浴びたいってときにはよかったです。

ブセナテラスの屋外プールは滑り台付き

ブセナテラスのプールは、娘がとても楽しみにしていました。

実はブセナテラスには屋外プールだけでも二つあるんです。こちらが上のフロアにあるプールです。

そしてこちらが、下のフロアのプール。

この下のフロアにある外プールには、ご覧のように滑り台がついているんです。ウォータースライダーっていうものですね。

係の人が常時ついていてくれるので、子供だけでも安心して滑ることができます。

ただプールは結構深いので、お子さんは浮き輪をして滑ることをおすすめします。

我が家は浮き輪を忘れてしまったのですが、浮き輪はジムカウンター横の売店でも販売されていますし、空気入れも温水プールに置いてありましたよ。

ホテルの売店は少しお高いですが、プール遊びで財布をもっていなくても代金を部屋付けにしてもらえるところがありがたいですね。

ちなみにプール横に無料ロッカーがあるので、水着を着てホテルを移動したくないという場合はロッカーで着替えることも可能です。

屋内プールもあるブセナテラス

そしてブセナテラスには屋内プールもあります。

屋内プールは、年中泳げる温水プールになっていて、子供用に浅く仕切られたプールもありました。

屋外プールで冷たいなと感じる夕方には、こちらの屋内プールが大変ありがたかったです。

今回は幸い晴天続きでしたが、もし雨天でも屋内プールがあれば子供も泳がせてあげられるので、屋内プールのあるホテルを選んでよかったです。

プライベートビーチももちろん監視員付き

プライベートビーチでは、監視員の方が監視台から危険がないかをみてくれています。

砂浜には、ビーチパラソルとビーチチェアが常設されていて、宿泊者は無料で使用できるようになっているので、1日1度は砂浜で寝転んでいました。

そして、マリンアクティビティもできるようになっていて、ドラゴンボートなんかも体験できますよ。

娘は大興奮で乗っていましたが、私は振り落とされるんじゃないかとヒヤヒヤしていました。

ここから見えている建物は、海中展望塔なのですが、ちょうど直前にきた台風の影響で安全性を考慮して閉鎖されていました。残念!

海水浴やプールのバスタオルはジムカウンターで

ブセナテラスには、屋内プールや屋外プール、そしてプライベートビーチがあるんですが、この際のバスタオルはジムカウンターで何度でも貸し出してもらえるんですよね。

こういうところが、リゾートホテルってありがたいなぁと思います。

冷えた体をサウナ・スパで温める

そして何より嬉しいのが、ブセナテラスにはサウナ・スパがあることです。

プールや海水浴で冷えた体をスパで温めることができます。

私たちは、毎日プールや海水浴に行っていたのですが、1日の終わりには、必ずスパでお風呂に入って、部屋にもどっていましたよ。

お風呂用のタオルももちろん、ジムカウンターで借りることができます。

ブセナテラスにはコインランドリーがない!

とても設備が充実したブセナテラスですが、唯一のイケていない点はコインランドリーがないということです。

水着を絞る脱水機は、温水プールとロッカーに置いてあるんですが、コインランドリーはありません。

私たちは、洗濯しないつもりで着替えを多く持って行っていきましたが、どうしても洗濯したという場合はホテルのクリーニングサービスを利用することになります

もしくは近くのコインランドリーへ車で訪れるかになります。

以前宿泊した日航アリビラにはコインランドリーがあったので、この点はとても残念に思います。

ただ、日航アリビラには温水プールは無いんですよね。

やはり少し肌寒くなってくる季節や雨の日を考えると、子供が思い切り泳げるような屋内プールのあるブセナテラスを選んで本当に良かったと思いました。

では、「小学校入学前に!秋の沖縄旅行はのんびりと温水プール付きのブセナテラスで③食事編」については、次回更新させていただきます!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

>>ザ・ブセナテラス

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA