子供が発熱したときママとパパどちらが休むべき?パパではだめなの?

おはようございます。子ぐまママです。

子供が発熱したら、ママとパパどっちが休みますか?

共働きで育児中の多くのご家庭で発生する問題だと思うんですが、我が家ではママである私が休むことが断然多かったです。

我が家ではというより、多くのご家庭でママが休むことが多いんではないでしょうか。

スポンサーリンク

子供の発熱では、どうしてママが休むのか?

子供の発熱では、どうしてママの方が休むのかをちょっと考えてみました。

  1. 子供がパパよりママを恋しがるから。
  2. 熱などの際の対処方法をママの方がよくわかっているから。(子供の食べるものの準備も慣れているから)
  3. ママの方が時短勤務中やパートなどで、家計への貢献度が少ないので、休むなら給与が少ない方だろうという考えから。
  4. パパの会社に子供の熱で休みますって言うと、「奥さん休めないの?」って思われて恰好悪いから。
  5. パパが「俺の方が奥さんより責任のある仕事をしている」と思っているから。

こんなところでしょうか?

でも、ママだっていっつもいっつも休めるわけではないと思うんです。そんなときに

子供の発熱で、パパにも休んでもらうには?

1.子供がパパよりママを恋しがるから。

子供の気持ちだからそうそう簡単には変えられませんよね。。

対策:子供だって、パパがちゃんと看病してくれる存在だってわかったら、パパの看病だって問題ないって思いますよね。そのためには一度休んでもらいましょう。そして実績を作っていきましょう

2.熱などの際の対処方法をママの方がよくわかっているから。

対策:まずは病院に連れて行ってもらうのはもちろん、ゼリーやプリン、果物など食べやすいものを用意(最近はコンビニでも売っています)しておいて、「今日はあまりご飯は食べられないだろうから、欲しがるものをあげてね」って言っておきましょう。
男の人って言われていないことを推測してやるのは苦手なので、きちんと具体的にこんなときはこれをしてねと指示をだしておきましょう
病院などは、普段の子供の予防接種をパパに連れて行ってもらうなど、お医者さんと顔見知りになっておいてもらうのも手です。

3.ママの方が時短勤務中やパートなどで、家計への貢献度が少ないので、休むなら給与が少ない方だろうという考えから。

これ実は、そんなことないんです。

対策:パパの方が年休が多く残っていること多いですよね。こんなときにその年休を使ってもらうんです!!そうすると家計への打撃も抑えられますよ。

4.パパの会社に子供の熱で休みますって言うと、「奥さん休めないの?」って思われて恰好悪いから。

これ恰好だけの問題だったら、そんな気持ち捨ててもらいましょうね。

対策:パパには、上司に「子供の発熱が続いていて、昨日は妻が休んだんですが、今日は妻もどうしても休めないんです。なので私が休みますので。」って言ってもらえば文句言いにくいですよね。笑。

あ、ちなみに年休って本当は休む理由を言う必要はありません!でもね、今後もご迷惑かけますしね。

5.パパが「俺の方が奥さんより責任のある仕事をしている」と思っているから。

これあるあるですよね。

対策:そう思っている旦那さんなら、仕事って責任をもってやってるものだって一番わかっていますよね。ママの仕事だって責任ある仕事で信頼関係をもってやってることをきちんと普段から話しておきましょう。だから、お互い協力して子育てして行こうと理解しあいましょう。

パパもママも休めないときは?

もちろん仕事の関係で休めない日になったときはお互い譲りあいますが、お互い休めない日が重なることもあります。

うちはそんな緊急事態発生の時のみ、祖父母にお願いすることにしています。
今のところ、幸いなことにそのケースは発生していません。

尚、祖父母が近くにいない友人は市外の病児保育を利用していました。
わが市にはまだ病児保育はないんです。。。ここら辺も早く充実したらいいなぁと思います。

でもね、一日休んでどうにもならなくなるような仕事ってそうそうないんじゃないかなぁとも思ったり、、、
もちろん周りの誰かには迷惑をかけるんですけど、それで回らないなら会社として回っていないと思うんです。。。

最後に

最初は、我が家も私ばかり休んでいましたが、熱が続きそうなときには、交代で休むようにしています。

また、「前回の風邪は君が看病したから、今回は僕が休むよ」って感じに旦那も休んでくれるようになりました。

 

旦那さんが休めないような企業にお勤めの方もいると思うんで、一概にこのケースが当てはまるわけではありませんが、ママが時短で働いていてもこんな考え方もできるんだよってことをお知らせしたくて記事にしてみました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA